Magazine

Magazine - IPC Premium Mansions Magazine -

2023-04-07

虎ノ門ヒルズ レジデンシャルタワー

所在地:東京都港区愛宕一丁目
築年月:2022年1
階建:地上54 地下4
構造:RC造(一部S造、SRC造)
総戸数:547

敷地面積:約6,535
建築面積:約4,000
延床面積:約121,000


分譲会社:森ビル(株)
施工会社:(株)竹中工務店東京一級建築士事務所
設計会社:(株)竹中工務店
外装:Christoph Ingenhoven
内装:Tony Chi



2011年に虎ノ門ヒルズ 森タワーから始まった虎ノ門の再開発事業。ビジネスタワー、レジデンシャルタワー、そして2023年にステーションタワーの4棟全てが竣工した。レジデンシャルタワーは、グローバルレベルの住宅プロジェクト。虎ノ門ヒルズレジデンスの172戸と合わせると、虎ノ門ヒルズ全体の住宅戸数は約720戸となる。外観は、既存の虎ノ門ヒルズ 森タワーの存在感を尊重しながら、虎ノ門ヒルズ ビジネスタワーと一体的にデザイン。森ビルの高級住宅ブランド「MORI LIVING」シリーズの最高峰としてディテールにまで徹底的にこだわり、成熟した東京ならではの住まいを提供。会員制の「ヒルズスパ」を併設するほか、低層部には約1,000m²の商業空間を設け、デッキを通じて虎ノ門ヒルズ 森タワーや虎ノ門ヒルズ ビジネスタワーの商業空間とも繋げることで、虎ノ門ヒルズエリアにおいて快適な空間と豊かな暮らしを届ける。外装・内装には世界トップレベルのデザイナー(Christoph Ingenhoven、Tony Chi)が携わっている。近年のハイレベルな住宅はただ住むだけものではなくなっており、このようなデザイナーによる素晴らしい物件は、それ自体がアートとなります。虎ノ門ヒルズ レジンシャルタワーは2人によって付加価値がつき、分譲後も長く価値を保ち続けるでしょう。


Room Plan】 1BR(約55㎡)~5BR(約1,270㎡)

サービスアパートメント:1BR〜2BR
スイート:1BR〜4BR
スカイスイート:2BR〜5BR




Penthouse
階数:53〜54階
専有面積:1277.73㎡(386.51坪)



最上階住戸。2フロア吹き抜けとなっており、専有部にはプライベートプールを有している。1,200㎡以上という東京でも類を見ない広さは圧巻である。

Floor Plan】 全547戸

1F:虎ノ門ヒルズキッチン
2-3F:ヒルズスパ、歩行者デッキ
4-11F:サービスアパートメント(160戸)
12-42F:スイート(328戸)
43-54F:スカイスイート(59戸)






Map】 東京都港区愛宕1-1-1



『虎ノ門ヒルズ レジデンシャルタワー』
販売情報は、こちらをクリック⇩
https://ipc-re.co.jp/property_main/184
検索 もっと詳しく絞り込む
リセット
タイプ
物件名称
エリア検索
区から選ぶ
人気エリアから選ぶ
464件 1574件
144件 398件
82件 115件
36件 1件
257件 121件
20件 0件
販売価格
専有面積
間取り
築年数
所在階
駅徒歩
こだわり条件
表示情報